大学入学共通テスト奮闘記

ゆるい中高一貫校高校1年生が国公立大学を目指します。

スポンサーリンク

音読教材、次の教材に進む

息子の英語家庭学習は音読を基本として、文法を学習しています。

文法は世界一わかりやすい英文法・語法をしっかりとやり終え、evergreenを読み込んで、スクランブル英文法・語法を解きまくるという方向性で勉強しています。(←かなり私の願望の入った表現になってしまいました)

音読ですが、かなり長い間1冊のテキスト(大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編)をやっています。今まではテキストを見ながらスラスラ読めるようになったらOK!という感じで進めていたのですが、

なぜかテキストが無くなった

じゃあ、テキストなしでやれ

ということになり、途中からテキストなしで音読が始まりました。 

すでに、文法や意味の確認は済んでいたので、テキストなしでの音読に問題はなかったのですが、テキストを見ながらの音読はスラスラとできていたのに、テキストなしでのシャドウイングはかなり難しいようでした。特に急ぐ理由はないので、(本当は英検準一級を受験する前にDUOに入りたかったのですが)ペースを落としてテキストなし音読を続けることにしました。テキストなしだとしっかり聞いてある程度の文を覚えないといけないのでかなり力がついたのではないかな~と期待しています。

結局1冊のテキストを半年かけて音読することになってしまいました。まあ、こういうのもいいですよね。

 

次の音読教材はあこがれの(!?)DUOといきたいところですが、基本的な単語は100%覚えているかどうか確認したところ、かなり自信がないとのことだったので、シス単ベーシック行ってみよう!ここは時間をかけずさらっと片づけたいものですね。

 

週末は英検ですが、全く勉強する気配が・・・。大丈夫か、おい!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村