2020年大学入学共通テスト一期生が塾なしで大学受験!

ゆるい中高一貫校高校1年生が塾に通わず自宅学習(ママ塾)で国公立大学を目指します。

スポンサーリンク

プロフィール

f:id:naninani3:20180511094853j:plain

はじめまして、このブログを書いているクリスマスローズです。

主に息子の大学受験へ向けての記事を書いています。あとは中高一貫校での生活もちょこちょこ触れることもあります。

様々な方と交流したいと思っているので、コメント、リンク、引用大歓迎です!

クリスマスローズって?

まず、ハンドルネームの由来ですが、クリスマスローズというのはかわいらしいお花の名前です。

クリスマスローズは3年もの時間をかけてようやく開花するようで、しっかり準備をして合格という花を咲かせてほしいという気持ちを込めています。

また、花びらが「五」枚あり、「がく」が落ちないとのことで、合格の花ともいわれているようです。

息子はもちろんのこと、このブログを見てくださっているみなさんの頑張りが実を結ぶことを願いを込めて「クリスマスローズ」という名前を使っています。

私のこと

私自身は首都圏の田舎に生まれて、公立高校でのんびり高校生活を過ごし、東京の私立大学に通っていました。

首都圏で学習塾に就職しましたが、結婚後地方都市で暮らしています。のんびりとした土地柄はとても生活しやすく、楽しく子育てもできていましたが、大学進学となるとどうなんだろう?ちょっと厳しいんじゃない?という思いもあり、自分で情報を集めて大学受験に備えているところです。

現在、パート主婦兼塾講師ですが、勉強を教えたり学習計画を立てるのが好きすぎるのでそちらを生かした仕事の割合を増やそうと計画中。

関連記事>>>母(私)の大学受験反省会

 息子のこと

息子は小学生の頃、勉強は嫌いではないのですがやるのが面倒ということで、だんだん学校の宿題なども適当に済ますようになってしまいました。

このままではまずいなと思ったので、5年生の時にやる気のある子供が集まる受験塾の冬期講習に放り込みました。そこで、

すごいよ!頭のいい子がたくさんいるよ!!!

と刺激を受けたようで、そのままその塾に通うことになり、塾の先生の話術にはまり(笑)、中学受験をすることになりました。

中学受験というと首都圏の方は壮絶なものを想像するかもしれませんが、とっても緩い感じで「落ちたら公立にいくからいいや~」と軽い気持ちで受験をしました。

運よく合格したので、中高一貫校に通っていますが、また、この学校が大学受験ということに関しては生ぬるい!自分でやるしかないので中1の間は塾に通っていましたが、通っていた塾は基本高校受験する生徒のための塾なので、このまま通うよりは、家で大学受験に向けての学習をスタートさせた方がよいと判断し、「ママ塾」がスタートしました。

その後基本ママ塾で、たまに東進の無料招待講習にいったり、数学特待に落ちたり(笑)、市販のテキストやスタディサプリを活用して学習を進めています。

関連記事>>>東進の春期講習終了

関連記事>>>東進の数学特待のお話

関連記事>>>スタディサプリ活用術(2+1の方法)

 

現在持っている検定

英検2級・GTECグレード5・数検3級・日本史検定2級

今後英検・GTECは継続して受験予定です。

関連記事>>>英検準一級に向けて次の一手

 

部活・生徒会活動など高校生活を謳歌中です!

海外研修などにも何度か参加(予定もあり)しているので、今後の記事で紹介したいと思います。