大学入学共通テスト奮闘記

ゆるい中高一貫校高校1年生が国公立大学を目指します。

スポンサーリンク

中高一貫生、高校生になってからの変化

息子が高校生になってから早1か月が経とうとしています。年度初めの各行事オリエンテーションや健康診断などもほぼ終わり通常の生活に入りつつあります。

息子は中高一貫校でそのまま高校へと進級したので、高校受験を経験して新しい学校に通うようになったお子さんに比べると変化が少ないですね。というか少なすぎます!

しいて言えば、ランチを教室以外で食べていいことと部活の最終下校時刻が30分遅くなったことですね。

実は部活は転部したのですが、ゆるい部活からゆるい部活への転部なので生活自体はさほど変わらず・・・。ただ、今の部活も楽しいらしく部活のある日はウキウキして学校へ行っています。

そして、文化祭実行委員!

中学生の時も一度やっていて、文化祭の前に2度も疲労で寝込み、

二度とやらない

といっていたのに、またやる様子・・・。高等部の文化祭での出し物は中等部よりかなり準備が大変そうなのに大丈夫か~?

ただ、以前読んだ開成中学・高校の校長先生の著書の「18歳の君に贈る言葉」の中で、文化祭の実行委員のような多様なクラスメートをまとめる仕事は将来役に立つと言っていたので、きっと良い経験となるでしょう。がんばれ~。

 

 こちらも気になる~